2010.04.24 マンボウ死亡
マンボウ、残念ながら死亡してしまいました。

日曜日に見に行こう!GWに見に行こう!
と思っておられた方、ごめんなさい。

今日の午後来られたSパパさん、タッチの差でごめんなさい。

死亡したマンボウは、冷凍されております。
日を改めて解剖し、死因がわからないか調べてみます。

合掌


昨日は、元気に泳いでおり餌も食べました。
今朝は、機嫌よく泳いでいました。

昼ごろ、それまで底近くを泳いでいたのに、水面近くを泳ぐようになりました。

2時ごろ、私が潜って餌を与えようとしたときに、水槽の右側水面近くの壁に引っかかっていました。
外してみたものの、どことなく落ち着きがないような感じがします。昨日とはまったく様子が違います。

しばらく観察しましたが、餌を与えられる状況ではないと判断し水槽からあがりました。

水槽からあがると、あまり様子が良くありません。

「明日の朝ごろには死んでしまうかも・・・・」といやな予感がしました。

シャワーを浴びて、しばらくすると
「マンボウが水槽の底で動かない!」という連絡がありました。

あわてて駆けつけると、体色が白っぽくなり辛うじて呼吸をしている様子・・・・
「もう駄目だな・・・」
と、直感しました。

しばらく観察して、完全に回復の見込みがないのを確認し、水槽から引き上げてもらいました。

もらいました、というのは、私は「マンボウの展示が終わった」旨の張り紙とツイッターへの書き込み、ホームページの更新を一刻も早くに行わないといけなかったからです。

折りしも、知人のマンボウ専門家に飼い方のコツをメールで問い合わせた矢先の出来事。

先ほどメールを確認すると、丁寧な返信がありました。

マンボウへの愛にあふれるメールが、今の私にはとても切なかったです。



少しだけですが、マンボウ飼育経験値が上がった自然博物館若手(?)職員。

この経験を次回のチャンスに活かせたら!と思います。


追伸
マンボウを初めて触って思ったこと。

「意外と硬くて ざらざらしている」
Secret

TrackBackURL
→http://wmnh00.blog31.fc2.com/tb.php/43-3f469733