fc2ブログ
さて、先日捕ってきたレプト君たちを少しだけ紹介しましょう。

ツイッターではお知らせしましたが、1個体だけ生きていたので、展示しました。

れぷと

クロアナゴのレプトです。ただし、変態期と言って親と同じ形に変身途中の個体です。
変態期になると、いくぶん体もハリが出てきて網でとっても生き残りやすくなります。
体側の色素胞はほとんど無く、心臓周辺と消化管に色素胞が現れます。

2日たった今日の段階で、いくぶんからだが濁り始め、体高も低くなりました。
おそらく透明な姿はあと数日だと思います。
変態が始まると、かなり急速に変化していきます。

そのほかのレプト

今回は5種類のレプトが捕れました。

今日はハモを紹介します。
れぷと
祇園祭や天神祭の時に珍重される高級魚です。
紀伊水道では秋にレプトが出現します。
子どものころから顔が長く、少しイカツイ感じがします。
パッと見特徴的な色素胞はありませんが、よく見ると体側中央より少し下の筋隔上に特徴的な色素胞があります。


れぷと

いっぱい捕れたので、どこかで見たことがあるような写真を撮ってみました。

続く。
Secret

TrackBackURL
→http://wmnh00.blog31.fc2.com/tb.php/172-bdefa98f